"運営者ブログ" の一覧

ジャーナル10月号発行

もりもりパークでは、市内の保育園、幼稚園、小児科病院向けにジャーナル(かわら版)を毎月発行しています。イベント情報やイベント報告、耳寄り情報などを満載しています。ご覧になられたことのない方もオンライン版をご用意しましので、ぜひご覧ください。

そのままでは、字が小さく見づらいと思います。右下の虫眼鏡アイコンをクリックして、拡大縮小して御覧ください。拡大中は、画面をドラッグしてスクロール出来ますので、ご覧になりたい場所まで、画面をドラッグして御覧ください。

オープン以来、お陰様でご来場者15万人突破!!

昨年2011年9月16日にオープンした、この「もりもりパーク」も1周年を目前に控えた本日、なんと通算来場者数15万人を突破しましたよ♪

やったー!!

写真は「15万人目のご来場者」の湊 莉子(みなと りこ)ちゃん(2才)と、そのご両親です。

15万人を記念して、木製ブロックの「カプラ」をもりもりパークからプレゼントとして贈呈させて頂きました♪

 

これまで、通い支えて下さいましたご利用者の皆々様、本当に有難うございます!!

 

あっという間の初年度、まだまだ未熟者の私達スタッフは、時に壁にぶつかり、寄り道をし、小石に躓きつつ、試行錯誤しながらも前に進んできました。

このもりもりパークがより楽しく、面白く、ワクワクする充実した「親子で遊ぶ」時間を提供出来るよう、イベントや絵本読み聞かせ、折り紙テーブル等の場内企画、ウイークリーやジャーナル等の情報発信、その他諸々少しずつですが「私達の今やれること」を増やしてきました。

そんな小さな工夫と努力ですが、皆様のご期待に少しでも添えていますでしょうか?

 

先日の夏休み企画「森の夏祭り」では、様々な年齢のお子様たちが、それぞれの遊び方で夏祭りを楽しみ満喫してくれている様子が場内の至る所で見受けられ、その無数の笑顔と歓声が、一心不乱に準備に取組んで来たスタッフには何よりのご褒美でした。

「あ~、もりもりパークはこうじゃなきゃいけない。 この為に、私達は要るんだ。」と改めて初心に帰る思いのした3日間でした。

 

これから北海道は長い冬を迎えるに辺り、天候の優れない日、寒さに凍える日が続くことでしょう。

でもっ!!

どんなに外が雷が鳴り響く豪雨でも、ゴーゴーと吼えるように吹雪いても、このもりもりパークは、いつでもスタッフの笑顔と心地よい空調設定の下(笑)、皆様のお越しをお待ちしております♪

そして、歩みはノロくとも確実前進し、長い年月を掛けて大きく成長していく「カメ」の如く、このもりもりパークも少しずつ進化し続けたいと思います。

 

これからも皆様の変わらぬご愛顧を、スタッフ一同宜しくお願い申し上げます。

ジャーナル9月号発行

もりもりパークでは、市内の保育園、幼稚園、小児科病院向けにジャーナル(かわら版)を毎月発行しています。イベント情報やイベント報告、耳寄り情報などを満載しています。ご覧になられたことのない方もオンライン版をご用意しましので、ぜひご覧ください。

そのままでは、字が小さく見づらいと思います。右下の虫眼鏡アイコンをクリックして、拡大縮小して御覧ください。拡大中は、画面をドラッグしてスクロール出来ますので、ご覧になりたい場所まで、画面をドラッグして御覧ください。

森の夏祭りイベント、大盛況でした!

8月10日から12日までの三日間、もりもりパークでは「森の夏祭り」イベントを行いました。
輪投げ、的当て、魚釣り、ボーリング、ゲートボールなど盛り沢山のイベントでした。
的当てなどでゲットしたもりもりマネーを集めると、飲食スペースで綿アメやポップコーンに交換出来ました。

みんな大盛り上がりで楽しんで頂きました。お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

イベントの写真

ボール投げ、的当て

バルーンアート

ゲートボール

パズルコーナー

ポップコーンマシン

動物ビンゴ大会

みんなで盆踊りもしました。みんなとても上手に踊っていましたよ。

今回は、旭川短期大学、東海大学、旭川教育大の皆様がお手伝いに来てくれました。
ありがとうございました。

また、ビンゴの景品に沢山の皆様にごご協賛頂きました。

【ご協賛頂いた方々のご芳名】(順不同・敬称略)

株式会社セイジョー
江崎グリコ株式会社
株式会社こどもクラブ
こども冨貴堂
スタイルミックス
フィール旭川
キッズサポート
宮越屋珈琲 旭川店
ジュンク堂書店 旭川店
丸善文具館
旭川イーグルゴルフセンター株式会社

ありがとうございました。

0才から大人まで楽しめるカプラ

皆さん、ご存知ですか?「カプラ」
生まれはフランス。

ご覧になったら分かると思いますが、「これが何か?」と思うくらい、見たところ何の変哲もない小さな長方形木のブロックです。
一律ぜんーぶ、同じ大きさ、同じ形。

でも、この「一律に同じ大きさ、同じ形」しかないというところが、実はカプラのミソなんです。
シンプルにシンプルを極めたからこそ、そこには沢山の独創性とオリジナリティーが必要になります。
そこがとっても魅力的で、誰もが思わず没頭してしまう面白さがあるんですね♪

だから「カプラ」は、老若男女どんな年齢層でも楽しめるスーパーブロックなんですよ♪

赤ちゃんは、カプラをその小さな手に握って、味見して、ぶつけて楽しみます。
小さな子は、カプラをパズルのようにフロアに並べて線路やロボットを描きます。
ちょっと大きくなって、物事を3Dで捕らえることが出来るようになると、カプラを立体的に積み出します。
大きな子は、その3Dにストーリー性を付けたり、より高度な技術に挑戦したりと、複雑で難易度の高いものを作り出します。
大人も例外ではありませんよ! 本物と見紛うほど精巧な建造物や、人が入れるくらい大きなカマクラもどきや、天井まで延々続くタワーを制作するのについつい没頭してしまいます。
時々、「触っちゃ駄目っ!」と、一緒に遊んでいた筈のお子さんを差し置いて、制作に夢中になってしまうパパやママも(笑)。

この楽しい「カプラ」、実はすこーし、お値段が張ります。
そんなカプラを、もりもりパークでは、なんと4000ピース以上ご用意しています!!
ですから、かなりの大物も実力次第では挑戦可能!!ですよ♪
皆さんも、是非もりもりパークで挑戦してみて下さいね。

なかむら けいりゅう君(9才)
なんと、全部のカプラを使用して完成させました!! スゴイッ!!

大作製作中!! 圧巻です!

ジャーナル7・8月合併号

もりもりパークでは、市内の保育園、幼稚園、小児科病院向けにジャーナル(かわら版)を毎月発行しています。イベント情報やイベント報告、耳寄り情報などを満載しています。ご覧になられたことのない方もオンライン版をご用意しましので、ぜひご覧ください。

そのままでは、字が小さく見づらいと思います。右下の虫眼鏡アイコンをクリックして、拡大縮小して御覧ください。拡大中は、画面をドラッグしてスクロール出来ますので、ご覧になりたい場所まで、画面をドラッグして御覧ください。

ゆるキャラ「あさっぴー」♪

旭川市の公式マスコットで、いわゆる「ゆるキャラ」の「あさっぴー」、皆さんご存知ですよね?

「ゆるキャラ」のカテゴリーの中では、顔の愛らしさといい、醸し出す雰囲気といい、かなりグレード高し!!と、個人的には思っています。

その「あさっぴー」の超ビッグサイズぬいぐるみが、もりもりパークに登場!!です♪

等身大にかなり近い110cm!!

このサイズの「あさっぴー」、現存するのはなんとこの世にたった4体だけだそうです。

座り姿勢の「あさっぴー」なので、子供がチョコンと「あさっぴー」の足の間に座れます♪

「あさっぴー」の腕の辺りが、肘掛に丁度いいポジションにあって、子供が座ると「あさっぴーの王様イス」みたいになるので、可愛いんです~。

一緒に写真も撮れるので、是非もりもりパークに遊びにいらっしゃった際は、記念に一枚どうぞ♪

その内、スタッフと「あさっぴー」の集合写真を撮ったら、ジャーナルにでも載せようかな?

20120623-184111.jpg

ジャーナル6月号発行

もりもりパークでは、市内の保育園、幼稚園、小児科病院向けにジャーナル(かわら版)を毎月発行しています。イベント情報やイベント報告、耳寄り情報などを満載しています。ご覧になられたことのない方もオンライン版をご用意しましので、ぜひご覧ください。

そのままでは、字が小さく見づらいと思います。右下の虫眼鏡アイコンをクリックして、拡大縮小して御覧ください。拡大中は、画面をドラッグしてスクロール出来ますので、ご覧になりたい場所まで、画面をドラッグして御覧ください。

金環日食

昨日5月21日は、日本中が「金環日食」に沸きましたね。

この日ばかりは、天文学に何の興味もない私を含む多くの人たちも、宇宙の神秘と力を感じたんじゃないでしょうか。

我が家では、前日の運動会で振替休日を貰った子ども達が、早朝から1つしかない「専用観察メガネ」を賭けてのバトル戦を繰り広げつつ、玄関前で『見えた!! 見えたよ!! 月みたい~!!』と大騒ぎでした。

軒先で、「日食の絵」まで描き始め、小5の長女が弟達に「日食」の解説を始め・・・

旭川では、残念ながら部分日食しか見られませんでしたが、十分楽しめたと思います♪

で、思い出しました。 30数年前、丁度今の娘と同じ年頃だった筈。

ここ、旭川で、私も今の娘と同じように、姉妹で黒いフィルムのようなものを取り合いながら、夏の青空を首が痛くなるくらい見上げていました。

調べてみると、1981年7月31日。
結構大きなニュースだったけど、「部分日食」だったんですねぇ。

夏休み真っ盛りでの天体一大イベントでしたから、夏休み明けの自由研究は、クラスの半数以上が「日食観察」でした(笑)。

次回の日食は2030年、なんと、ここ北海道で金環日食が見られるそうです。

18年後、長女は29歳。 もしかすると、結婚し、母親になっているかもしれません。

その時、今日のことを、自分の子どもに伝えられる穏やかな気持ちと生活環境であって欲しいと切に願います。

そして、その未来の子ども達の生活環境の中に、このもりもりパークも残っていて欲しいなぁ~と思うのです。

こどもの日

昨日は、1,200人近くのご利用者様がいらっしゃいました。
ご利用ありがとうございました。

本日も朝から生憎の天気で、旭山動物園から流れて来てくれたと思われる子どもたちで、もりもりパークはいっぱいになりました。
17:30現在で1,000人を超える皆様にご利用頂いています。

ゴールデンウィークも残すところ、あと一日。
スムーズな入場のために予約システムのご利用をオススメします。